やり方次第でふっくらお肌が蘇る!

「キメの整った肌は美しい」と思い切り言いますが、そもそもキメとは何でしょうか?

肌のキメってなに?

皮膚の外面には無数のギャップ(皮ギャップ/ひこう)と、そのギャップによってできた盛り上がり(皮丘/ひきゅう)があります。

皮ギャップのエリアが細長く、皮丘の形状(三角形をやる)が少なく、規則正しく並んでいる状態を「キメが細い」「キメが整っている」と言い、反対にギャップが厚くて皮丘が大きいと「キメが粗い」と言います。

キメの細く整っている肌は、毛穴も目立たず肌外面もつるんとしています。輝きを手広く保管返照するので肌が輝いて思え、透明感も生まれます。

肌のキメが崩れる端緒

キメの細かさ、粗さは生まれつきのもので人によって違いがありますが、気温や湿度といった背景による物体やUVなどによる異常、ストレスなどの内的な物体によっても変化します。

特に影響を受けやすいのが乾燥です。皮丘が水分をきちんと持ち合わせると、膨らみもかわいくふっくらとした肌を保つことができますが、逆に皮丘一部の水分が不足するとしぼみ、たるんでしまう。

異常によりキメが乱れた肌は、皮膚のザラ付きが際立ちごつくごわついた肌さわりで毛穴も引き立ち、ハリ・ツヤも失われます。乾燥による小ジワも増えてしまう。公式ホームページはここ

投稿者: wp_sv_1843_59404