肌断食も時には必要

思い切りスキンケアをしているのに、なぜか肌が乾燥始める、化粧のりが悪い、赤味やザラ付き、にきびなどのトラブルが起きてしまう……。この思い出は誰にでもあると思いますが、そんな時こそ、わざとスキンケアをいったんお休みして、肌の情勢をリセットする「肌断食」をしてみてはいかがでしょうか。

メイクやスキンケアのメリットとデメリット

女性は20年前後になると自然とメイクを覚え、クレンジングでなくし、グングン洗顔して化粧水で水分を補い、ビューティー液で栄養分を加え、クリームで保護する、という順番が毎日の文化として生活に組み込まれていきます。しかし、それで意外と肌がきれいになるのでしょうか。

女性にとってところ前のメイク+スキンケアという文化が数十年と続いた際、はたして肌にとって良かったと呼べるのでしょうか?20代までは若さで補償できても、40代にもなれば変色・くすみ・シワなど目に見える老化イベントを認識し、「何か違う……」と設問に窺える方も多いことでしょう。 お化粧品の中には界面活性剤や、防腐剤等の肌に刺激と達する化学物質がたくさん入っていますが、残念ながらいくつもの化粧品を常用することに対する安穏については、十分と言える検証がされたことはありません。 実は、きれいになるために続けてきたスキンケアが、寧ろ肌トラブルの原因となってしまうことが居残るのです。

メイクをすることのメリットは、ハートや思い分を明るくするといった心的効果や、素肌をますます美しく見せたり、目鼻立ちや長所をくすぐるといった効果、ひいてはUVを防御するという効果も期待できます。しかし、これらはあくまでも楽しむものであり、皮膚のボディを考えると、メイクは肌とって苦悩となりますし、毎日過剰に塗っていては肌を傷付ける可能性も考えられます。https://lamellar-essence.com/

投稿者: wp_sv_1843_59404